千代田区コミュニティサイクル「ちよくる」を使って見た

千代田区コミュニティサイクル「ちよくる」を使って見た。

ドコモが実験的にやっているレンタルサイクルで、区内の各所にあるポートから自転車を借りて、目的地近くのポートで返却するみたいなサービス。
23区の一部など各自治体レベルで運営しているようだ。

基本的に各区内で閉じられたサービスだが、都内では千代田区、中央区、文京区、新宿区、港区、江東区では、広域実験ということで、どこから借りてどこで返却してもよくなっている。
(大田区もやっているが、大田区は区内だけでしか使えない)

都内の公園のとか公共機関の端に設置されているのを見かけて気になっていた。最近はこのレンタルサイクルを使っているサラリーマン風の人をよく見かける。(営業の外回りとかに便利なのだろうか?)

1回会員だと30分150円(税抜き)で30分延長ごとに100円かかる。

昨日は初めてだったので1回会員で2kmくらいは知ってみて所要時間20分程度だった。
東京メトロの初乗り170円くらいの距離だから、それほど安くもないのかもしれない。使う前からそんな印象だったけどそれは変わっていない。
延長してしまうとちょっと高いかもしれない。そこそこ狭い範囲を時間を節約していったり来たりする必要があるなら、多少安いのか?

月額会員だと月2000円で、1回30分まで、延長があると30分100円追加でかかる。
1回というのはどこかのポートで借りてから、別のポートに返すまでみたいなので、1日に複数回使ったり、乗り継いだりすることでかなり得になるような気がする。

月額会員は月の途中で入退会でき、その場合は日割り計算で料金がかかるので使わない期間は1回会員にしておけば節約できるのかもしれない。FAQにはないが、会員サイトには「変更要求残数」というのがあるのでたぶん月?の変更回数制限はありそう(登録したばかりだと10回になっている)。プランの変更は翌日か翌月かどちらか。

30分で用事を済ませて元のポートに戻るのは厳しそうなので、必然的に往復分借りる必要があることに気づいた。なので、結局月額会員でないと使いにくいと思った。とりあえずいろいろ試してみたくもあるので次回使うときに合わせて月額会員にしてみる。

自転車は電動アシスト付きで踏み込むと結構なスピードが出る。

そういえばなんだかんだで自転車に10年くらい乗ってなかったので、ちょっと怖かった。車道の左端を走るのが原則ではあるものの、駐車している車が連続してると車道も走りにくいし、バックミラーがないから後ろの確認もしずらい。

電動アシストはハンドルについてる電源ボタンで切ったり入れたりできるので歩道では切るようにした。のろのろ歩道を走ってると時間がかかるので、電動アシストをなるべく使えるような道を探した方が使いやすいだろうと思った。
スポンサーサイト

6/13の農林水産委員会は森ゆうこの説教タイムになっている

終始、森ゆうこの説教が続く。学校の先生に怒られてるみたい。



参議院の訪問記録は3年保存、今治の職員の出張記録も残っているのに、官邸は2年前の訪問記録はもう捨てちゃったから今治の特区関係者と誰が官邸で会ってたのかわかりませんと言う、荻生田官房副長官。一体何があると官邸のセキュリティはグダグダですみたいなことを恥ずかしげもなく主張しないといけなくなるんだろう。そこまで隠したいのはなんなんだ。

森ゆうこ議員は最初は落ち着いた感じで始まって、ここぞというところで強い口調で詰め寄るというスタイルだけど、最近はほぼすべての答弁が答えになっていないものばっかりだから、最初から最後まで説教調になってきている。

政府への批判を「ネガキャン」と言う人々

安倍内閣支持率低下のニュースのブックマークコメントを見たら、「ネガキャン」で下がったみたいなことを言ってる人がいてびっくり。



時の政府への批判なんて、なにも安倍政権に限らずいつでも、過去の自民党でも民主党でもあるもんで、たとえどんないい政策をしていようと関係ないものだろう。結局、国民全員を等しく満足させられる政策なんてなくて、立場によってさまざま、それを最大公約数になるべく近づける程度のもの。それを「ネガキャン」とか言って封殺しようとするなんてなにを考えているんだろう。中国とか北朝鮮とか独裁国家はよくないっていうのは常識じゃなかったのか?

トップに立っちゃたら、反対勢力にも対応しなきゃならないわけで、そんなの普通の友達グループとか会社の部署とかでも同じじゃないの?会社でリーダーになった人が全然みんなの意見をきかないで自分の考えだけ押し付けてきたらすごく嫌だし、そんなの独裁的だって思うのが普通なわけで。安倍政権の国会運営はほんとのそんなレベルのひどいもんなんだから、野党の質問には大体まともに答えず、わざと時間だけかけてそれで審議終了とかいうし、ただでさえ少ない質問時間を強い立場にある総理や大臣がわざと無意味な内容で消費させようとするのはひどすぎるし、子供のおこずかいを勝手に使い込む親みたいななんかすごくすごくひどい、そんなものが批判されないわけがない。

いったいいつからリーダーは好き勝手やれる立場みたいな考え方が蔓延るようになったのか、力があればなにやってもいいとか、金を払えばいいだろとか、なんか最近の人たちはおかしい。金の力で好き勝手やるやつとかが多くはなってるかもしれないけど、それは批判すべきもので、そのおこぼれにあずかろうとか、むしろそうなりたいとか、最近はそんなことをわりと本気で思っている人が多くなってるような気がしてすごく気が滅入る。

今治市の行政文書でも知らぬ存ぜぬで押し通す政府

最近の農林水産委員会はよく速記がとまる。6/8も藤原審議官とかが記憶にないとかふざけた答弁をするたびに速記が止められていた。



驚くのは、森ゆうこ議員の提示している資料が今治市の行政文書であるのに、その内容についても記憶がないとか、記録もないとかで押し通そうとする役人たちの答弁。

ただの市役所が作っているような記録を、中央省庁が全く作っていないみたいな馬鹿げた理由で情報を隠蔽しようとしている。

最近は出所が不明な文書については答えないというルールが勝手に作られたようだが、市の行政文書すら無視を決め込もうとするとは。

4/2に今治市の特区関係者が官邸に訪問している記録があるのに、官邸では記録がないからわからない何をしに来たのかも総理に会ったのかもわからないという答弁。そんな記録がないこと自体問題だし、中央省庁がそんな杜撰なのかと、それを悪びれもせず当然のように、総理が覚えてないというのも信用できない。

6/6 農林水産委員会 森ゆうこ議員の質問

加計学園6/6 森ゆうこ(自由党): 参院・農林水産委員会


今治市への情報公開請求で手に入れた資料が面白い。

中央省庁は決裁文書も稟議書も作ってないという理由で隠蔽しているが、今治市はそこまでで徹底していないらしい。
今治市の特区関係者が首相官邸に呼ばれて総理に会っていたような記録も残っている。
アクセスカウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
広告
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
1018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
909位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示